一条工務店の地盤調査に必要なもの

ぱんなです。

土地の契約が済んだところで、地盤調査が行われるとのことで立ち会ってきました!

土地契約の時、地主さんは、購入した土地の周辺一帯は昔は山(台地)だったと教えてくれました。たしかに現在は都市計画で整備されてはいるものの、周辺は緩やかな勾配が残しつつ住宅や店舗が並んでいるので、なるほどそういうことか、と納得しました。(土地を買う前に調べておけばよかったですが、今後の都市計画のことしか頭になかった、、、)

それ故、地主さんからも地盤の固さに関しては問題ないだろうとのお言葉をいただいていたので、今回の地盤調査に関しては特別な不安はなかったですが、いざ調査を前にすると、ドキドキしました(笑)

一条工務店の地盤調査

さて、わが家は一条工務店にお願いしているのですが、地盤調査自体は、営業さんが自らやるそうで、市内の展示場から招集された営業さんと、うちの担当Y君の計4名が来てくれました。

土地契約前から、「土地が決まったら、僕が地盤調査します!」とちょっと嬉しそうに話していた担当Y君ですが、残念ながら今回は私たちの担当なので、実際の作業は先輩営業さんたちにお任せでした(笑)

地盤調査の立会いに必要なもの

夫が、地盤調査に行くのに必要なものをネットで調べたとか言っていたので、ここでも備忘録として記しておきますが、必要なものは特にありません。

あえて言うなら、

  • 立会いが長引くこともあるので季節に合わせた服装で行く
  • 汚れてもよい靴で行く
  • 地盤調査の報告資料用に記念写真を撮られたので、にっこり笑う準備
  • (必要であれば)自分の記録用に、カメラを持っていく

こんなところかと思います。

 

 

ちなみに、敷地内の4か所を調査するのですが、規定の固さまで到達しないと次のポイントに進めないので、地盤の固さにより、調査が長くかかることもあれば、すぐに終わることもあるようです。

わが家は、2時間弱で終わりました。当初は、最初だけ見るつもりが、結局最後まで立ち会ってしまいました(笑) 2月でしたが、気温もそこまで低くなく穏やかな午後だったので、ちょうどよかったです。

その時の様子はこんな感じ↓

気になる調査結果は、、、?!

 

想定していた通り、「ベタ基礎」になりました(^O^)/

やはり、台地だったこともあり、固めの地盤、とはいえ、布基礎ほど固くはなかったようです。

 

以上、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA