Nikon D5300で上棟タイムラプス!機材準備編

こんにちは、ぱんなです。

基礎工事が始まって、コンクリートの流し込みも始まり、それに伴って上棟日が決まりました。

上棟は8月末!!!!

基礎工事中はなかなか現場を見に行けず、未だに作業中に顔を出せていないので、上棟の3日間くらいは、立会いたいと思っています。

上棟が8月末なら、ぎりぎり夏休みを取って現場を見に行けるので、ラッキー(・∀・)

そんな中、先日、ふと上棟時の様子をタイムラプス動画にしている人の動画を拝見し、これはぜひやってみたい!ということになりました。

と言いますのも、数年前に念願の一眼レフカメラを買い、ウユニ塩湖での星空撮影を目標に、素人なりに使い始めたところでしたが、出産を機に、ここ最近カメラを手にする機会が減っていました。

再びカメラを勉強するという意味でも、上棟のタイムラプスに挑戦しようと思います!!

 

1.Nikon D5300

私が所有しているカメラは、NikonのD5300です。

D5300にはインターバルタイマー機能があるので、ひとまずは、それが使えるといいなと思っています。

ただ、インターバル撮影機能の最大撮影枚数は999枚までなようなので、作業風景を1日中撮影するとなれば、あるタイミングでインターバル撮影を再スタートすることになりそうです。

(例えば、撮影間隔が30秒、1日の撮影時間が8時間だとしたら、1日あたり960枚なので、1回の撮影でおさまる計算にはなりますね。)

 Nikon デジタル一眼レフカメラ D5300 ブラック 2400万画素 3.2型液晶 D5300BK

 

2.その他の機材の準備

今、改めて手元の機材を確認してみると、そんなに持っていないことが判明しました(笑)

特に、今回は上棟の撮影ということなので、屋外撮影、しかも、真夏の炎天下。

ということで、早速、電気屋さんに物色しに行きました。

 

(1)三脚

定点撮影をするとなれば必要な三脚ですが、案外、旅行先で撮影するときは友人のものを借りていたことが多く、自分で買って持っている三脚は、ゴリラポッドのみでした。

 

JOBY 一眼レフカメラ用フレキシブル三脚 ゴリラポッドSLRズーム ブラック/グレー 014025【国内正規品】

 

雲台を組み合わせて使えば、これはこれで結構便利でしたが、さすがに今回の撮影には対応できないので、電気屋さんで店員さんにオススメを聞いたりしつつ悩んできました。

その結果、コスパが良くて即決したのが、ナショナルジオグラフィックの三脚。

ナショナルジオグラフィックの三脚ってどういうこと?と思いましたが、良くみたらマンフロットの商品でした(コラボ商品的なかんじなのでしょうかね)。

重量1230g、耐荷重3kgとのことで、まぁ一本持っているにはちょうどいいかな、と思います。

National Geographic 三脚 3ウェイ雲台 アルミ 4段 NGPH001

 

(2)バッテリーグリップ

おそらく長時間にわたる撮影になるので、バッテリー切れ対策をしなければなりません。

予備バッテリーは持っているので、どうせならバッテリーグリップで長時間撮影に対応できるようにしようと思い、購入しました。

ただ、電気屋さんにあったニコン純正のバッテリーグリップは高くてびっくりしてしまったので、同等品をネット価格で購入することにしました。

バッテリーグリップの懸念事項としては、カメラが重くなる分、三脚での使用時に安定性がどうなのかなー、、、というところでしょうか。

もしかして、必要ないかも!?|д゚)

垂直バッテリーグリップ Andoer® BG-2G バッテリーホルダー Nikon D5100 D5200 D5300 デジタル一眼レフカメラ EN-EL 14 バッテリー用

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

 

(3)タイマーレリーズ

先ほどお話ししたように、D5300の機能として、インターバル撮影機能がありますので、それを基本的には使っていこうと思っています。

ただ、D5300には撮影数に限りがあるため、撮影枚数が多くなる際は、こちらでも対応できるように購入しました。

果たして使い勝手やいかに・・・!?というかんじです。

タイマーレリーズも、電気屋さんで現物と値段を確認して、ネットから購入です(便利な時代ですね)。

Pixel TW283 DC2 液晶画面2.4GHz ワイヤレスタイマーリモートコントロールシャッター ニコンD7100、D7000、D5100、D5000、D3200、D3100、D600、D90、D5300、D750 適用されます

 

(4)日傘&日傘クリップ

8月末とはいえ、まだまだ暑い夏の炎天下での撮影。

気温が40℃を超える地域もあるようなこの季節、人ですら長時間を外で過ごすのは大変だというのに、普通に日中撮影しているだけれもカメラにとっては厳しい環境ではないかと思います。

D5300の耐熱温度が40℃となっていましたので、カメラの温度上昇を抑える準備は必要不可欠です。

今のところ、日傘&白いタオルで直射日光を避け、ミニ扇風機か何かで温度上昇を抑える作戦で考えています。

ということで、普通に日傘は持っていなかったので、見上げると青空の傘を購入しました。

ついでに日傘を三脚に取り付けるためのクリップも。

 

Fidus 折りたたみ傘 ワンタッチ自動開閉 逆折り式 日傘 完全遮光 UVカット率99.9% 高強度グラスファイバー8本骨 耐風撥水 晴雨兼用 レディース 旅行 アウトドア用 収納ポーチ付

INSEESI 屋外三脚写真撮影用 カメラ 傘 アンブレラ ホルダー クリップ クランプ ブラケット 写真 アタプター (二つのセット)

 

3.さいごに

さて、電気屋さんに行った割には、ほぼネットで注文することになりましたが、三脚が買えたのは良い収穫でした(^O^)/

新しい機材が増えると、モチベーションが上がりますね!

まだまだ初心者なくせに、勝手にパワーアップした気分です(笑)

ちょうど、ベランダの朝顔のつぼみが膨らんできているところだったので、インターバル撮影を試しにやってみて、タイムラプス動画を作ってみようと思います。

どうか温かく見守っていただけると嬉しいです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA