女性の実印/銀行印には下の名前が印鑑がおすすめ

ぱんなです。

この度、実印を印鑑登録しました!

実印なんて使うことないだろうと思ってたのですが、、住宅ローンを収入合算で私も連帯債務者となっているため、住宅ローン(わが家は一条工務店のi-flat)の本申込時に、私と夫、それぞれの実印の押印箇所が書類の至るところにありました(^_^;)

女性にとっては、その状況に直面しないと作る機会のない実印ですが、1本あるといざという時に慌てなくていいので、作っておくのはいいと思います。

わが家は夫婦でけっこう焦りました。割と急に、この日までに書類を記入して出してくださいとか言われるので(笑)

ちなみに、女性におすすめなのはこんなかんじでしょうか。

印鑑をいつ作るか

私は、実印・銀行印・認印の3点セットを大学卒業時に作りました。

大学卒業の時に、大学生協の出資金返還があると思いますが、私の場合、当時、出資金を返還するか、もしくは印鑑を作りますよ、というのが選べたため、それを利用しました。

もう大学なんてとっくの昔に卒業しちゃった!という人でも、ネットで注文すれば短納期で手に入る時代です。

今回、実際に夫が実印と銀行印のセットをハンコヤドットコムで作りました。チタン製の重いヤツでしたが、出来上がりは良かったです。本人も自慢げでした(笑)

女性は名前で作るのがオススメ

私の場合、祖母が私が生まれたときに下の名前の銀行印を作ってくれていました。

独身時代は下の名前の印鑑の便利さをあまり感じていませんでしたが、結婚して名字が変わったときに、各所のめんどくさい変更手続きのひとつが簡略化できたので、その時は本当に祖母に感謝しました。

それもあって、当然結婚の予定なんてなかったけれども、実印も下の名前にしておきました。そういえば!と思って探したら見つかったのでよかったです。

オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA